嫌われる勇気

愚かな人に
嫌われることを
喜びなさい。

彼らに好かれることは
侮辱でさえあるから。

- フィリックス・レクエア -

シェアさせていただきました。

押忍
嫌われる勇気

極真会館 若獅子寮 寮訓 寮則

極真会館 若獅子寮 寮訓 寮則国際空手道連盟
極真会館 総本部 内弟子 若獅子寮 寮訓寮則

<若獅子寮 寮訓>
吾が寮は希望に燃える若獅子の寮。
時あらば世界に獅子吼せんと切磋琢磨、努力精進し武道家として全き完成を願う、難行苦行修行の共同宿舎である。

一、 吾々は、難行苦行の修行者として、心の汚れを持たず、常に衣服、室内を清潔に保つこと

一、 吾々は、押忍の精神を保ち、日々刻々何処においても戦場に立つ者の心構えを持つこと

一、 吾々は、良き武芸者たらんがため、文武を通じて、心・技・体を鍛えること

一、 吾々は、何事においても率先実行を旨とし、よりよき模範と指導を心掛けること

一、 吾々は、常に慎重を期し、礼節をわきまえ、武人としての誇りを忘れざること

一、 吾々は、一年で黒帯、二年で準指導員、三年で正指導員となるよう努めること

一、 吾々は、練士、教士、範士の資格を得、国内外における指導者となるよう心掛けること

一、 吾々は、同じ修行者として相和し、事に当たって、武の道人の道を忘れざること

一、 吾々は、力量、技量、速度、跳躍について不断の探求を怠らざること

一、 吾々は、常に薄氷を踏む戦士として、日々の修業を一義とすること

一、 吾々は、初心貫徹のため、青春の気迫を燃焼し、常に宇に挑む姿勢を忘れざること

一、 吾々は、困難を耐え、空手の本義である自己との闘いに打ち克つこと

一、 吾々は、終生を極真カラテ一筋に生き、信仰と信念を持って、社会の範となるように努めること

一、 吾々は、極真カラテの礎となるため、館長の手足となり率先して会館の業務に協力すること

一、 吾々は、寮訓・寮則を遵守し、希望の朝を迎え感謝の夕べを送るよう努めること

<寮則>
一、 寮生は、入寮当初は会館の空気に慣れるため、自主稽古以外はできないものとする

一、 寮生は、入寮後三ヶ月間は無休とし、それ以後一年までは二週に一度の休みとする

一、 寮生は、一年を経た者は週に一度の休みを与えるが、緊急の際はこれを返上し、会館の業務にあたること

一、 寮生は、朝六時半の起床、夜十一時半の消燈を厳守すること

一、 寮生は、寮の秩序を保つため、寮生の中から副寮長を選び、事務局長の下に寮長が置かれるものとする

一、 寮生は、外出の際、必ず寮長に外出先と帰寮時間を申し出ること

一、 寮生は、寮生以外の者が泊まる時は寮長ならびに受付に許可を得て、朝礼に必ず参加させること

一、 寮生は、毎年三月に選考され、四月に入寮式を行い、三年の修業期間を終えた者は三月に終了式を行うものとする

一、 寮生は、三年間の寮生活終了後、最低一年間は本部の指定する海外あるいは国内の研修生として自己の研鑽に努めること

一、 寮生は、入寮年度の規定に従って寮費を納入のこと

一、 寮生は、早朝の合同稽古に全員必ず参加し、道場の稽古以外に絶えず稽古を心がけること

一、 寮生は、毎週一回金曜日の夜、館長との食事の時間を持ち、この夕食会には寮長、事務局長ならびに館長の指名を得たもののみ参加できるものとする

一、 寮生は、週に一度、英会話ならびに精神訓話の講義を受け、教養の向上に努めること

一、 寮生は、掃除、食事を当番制とし、洗濯は自ら行うこと

一、 寮生は、寮の規律維持のため、寮生以外の者の立ち入りを禁じること

一、 寮生は、自分に与えられた業務は、最後まで自分で責任をもって遂行すること

一、 寮生のうち、日常生活、技量の成果において優秀と認められた者および会館に非常な貢献をなしたる者は、これを表彰するものとする

一、 寮生ならびに寮に関する事項はすべて委員会で討議され、館長の裁可を得るものとする。

押忍

教育

教育教育
「怒るんじゃなく、叱るんじゃなく、教え育てる」

怒るのは、、、「我・エゴ 」

叱るのは、、、「愛情 」

教え育てるのは、、
「先に生まれし経験体験した者の使命 ・義務」

淡々と分かるまで、
教え育つまで、

何度でも根気よく教え育て続ける道 、、「教育」

押忍                                     石黒康之

立ち方三年、握り方三年、突き方三年

立ち方三年、握り方三年、突き方三年 立ち方三年、握り方三年、突き方三年 立ち方三年、握り方三年、突き方三年「いいか君たち、空手は、
[立ち方三年] [握り方三年] [突き方三年] 九年やらないと空手の門に入った事にならないよ!」

大山倍達総裁

本日、極真会館 直轄三重東道場の審査会に審査員として立ち会わせて頂きフッと思い出した総裁のお言葉です。

あくまでも私なりの解釈ではありますが、

「立ち方」三年
足腰の鍛錬を含め、
いわゆる全身の筋骨、精神を空手向きに鍛錬、鍛え上げ身に付けるのに最低三年間の基礎体力の稽古が必要である。

「握り方」三年
正拳の握り方を含め、
手刀、裏拳、肘、外小手、内小手、背足、足刀、膝、脛、etc、、、
いわゆる空手で攻防する部位を武器化し鍛錬、
鍛え上げるのに最低三年間の部位鍛錬の稽古が必要である。

「突き方」三年
突き方を含め、
受け方、蹴り方、運足などの基本、移動、型、動作などの空手独自の身体操作を身に付け鍛え上げるのに最低三年間の稽古が必要である。

上記、
修行途中で稚拙な私なりの解釈で恐縮ではありますが、
いわゆる空手の基礎を身に付けるまでに、
「最低でも九年間の稽古」が必要であるのだと解釈しております。

私の大好きな大山総裁の教えに、
「石上十年」というお言葉がございます。

「十年間」(石上十年)

脇目も触れずに一つ事に精進すれば大概の事は、
初心に入れるということであると解釈しております。

私事ではありますが今年50歳となります。

50歳からの10年間、
「いまから、ここから」の原点に立ち返り、
「石上十年」の心構えを持ち日々努力精進して参りたいと思います。

皆さま、今後とも御指導の程を何卒宜しくお願い申し上げます。

いつも本当にありがとうございます。

押忍

内弟子

ちょうど一年前のSNSに投稿させて頂いた文章を加筆訂正させて頂きました。
何卒宜しくお願い致します。
*****
梅雨の蒸し暑い日の約30年前、
内弟子同期数名が集まって極真会館 総本部一階道場にて自主稽古をしていた時の思い出、、、

会館ロビーで内弟子後輩たちの緊張した声が、
「押忍!、押忍!」と一階道場の中まで聞こえてくる。
(総裁が外出先から会館に戻ってこられた緊張感が一階道場の中まで伝わって来ました。)


そんな緊張感の中、いつもの如く、
総裁が一階道場の引き戸をガラガラガラと勢いよく開けられる。

(当時、大山総裁は外出先から帰ってこられた際や外出される際に一階道場や地下道場で稽古をしている門下生がいると必ず声掛けをされ稽古のアドバイスなどをして下さいました!
総裁がお忙しい時などは、
「いま誰が稽古してるの?」と必ずロビー番の内弟子に名前を確認されておられました。)


総裁が一階道場をのぞかれる大緊張の中、
我々内弟子同期は総裁に対して最大限の声で、
「押忍!」と挨拶!

と、、その束の間、
私たちがミット稽古をしていたのを見て総裁は大激怒!

「君たちはそんなミットを使った稽古なんてするな、空手本来の稽古をしなさい!
キックの真似事なんてしてどうするのぉー!
バカモン!」と大叱咤!

(総裁は決してミット稽古を否定されていた訳でなく、
極真空手の基礎を学ぶべき内弟子期間(3年間)はしっかりと空手本来の稽古をしなさい!ということだったのだと思います。)

今振り返りますと、
私が内弟子第19期生として修行した3年間、
総裁の稽古でミットを使った稽古を一度たりとも御指導頂いた事はありませんでした。

(また私が修行していた3年間、
当時の総本部の一般稽古でもほとんどミット稽古は行われていなかったと記憶しております。)

もう、毎日毎日、
本当にいつ終わるともわからないくらい延々と続く、
極真空手本来の補強、基本、移動、型、三本組手、一本組手、約束組手、自由組手の稽古のみであったと記憶しております。

(あくまでも、私石黒の拙い記憶であります。
間違っておりましたら申し訳御座いません。)

つい先日(2018年6月3日)に大阪にて開催されましたIKOセミコンタクトルールの稽古を深く掘り下げていくにつれ、
改めて空手本来の稽古の重要性、必要性、
また、
空手本来の稽古がいかに大切でキツイ稽古であるのかの気付きを、再認識をさせて頂いております。

松井館長、本当にありがとうございます!

本日、蒸し蒸しと暑い道場での現場稽古指導の中、
内弟子時代当時の記憶がフツフツと蘇ってまいりました。

押忍

***
このシリーズ、
あくまでも私石黒が極真 総本部 内弟子 第19期生として過ごした3年間のみの体験、経験をもとに書かせて頂いております。

全国、全世界中におられます優秀な極真 師範、諸先輩、諸後輩の皆様におかれましては、
私が体験した3年間の拙い経験として受け流して頂けましたら幸いであります。

皆さま、本当にいつもありがとうございます。

今後とも御指導の程を何卒宜しくお願い申し上げます。

押忍! 石黒康之内弟子 内弟子 内弟子 内弟子

私の目標

私の目標私の目標、、、
「馬鹿で、阿保で、のろまな亀になる。」

******
☆「馬鹿」
馬になって、皆様のお役にたてられる様に勤める。
鹿になって、皆様から可愛がられる人格を築きあげる。

☆「阿保」
兎に角、スケールの大きい、何でも許すことが出来る器の大きい男になる。

以下、阿保の一説、
[秦代の大宮殿阿房宮(あぼうきゅう)の不必要・無駄に大きすぎるとするイメージからとする説] (Wikipediaより)

☆「のろまな亀」
いわゆる3人目を見る。
他人を相手にしない、目標をしっかりと見定めて、
今己の出来る事に集中する、目の前の見えない階段を一歩一歩着実に登っていく。

「世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る」
(坂本龍馬)

「人を相手にせず、天を相手にせよ。
天を相手にして己を尽くし、
人を咎めず、
我が誠の足らざるを尋ぬべし」
(西郷隆盛)

押忍 石黒康之