一年前の投稿

以下、ちょうど一年前のFacebookでの投稿となります、、

〜〜〜〜〜〜〜〜
本日、初心に帰るために大山倍達総裁のDVDを久しぶりに見返しておりました。

DVDを見ながら改めて再認識したのですが、

大山総裁の「耳」、、、

寝技組技などの修練により見事にカリフラワー状になられておりました。
(私自身、寝技や組技の経験がありませんのでどの位の稽古修練でこの様な状態になるのかは分かりませんが、
総裁が相当な稽古を積まれていたのかが、
この写真から見て用意に取る事が出来ると思います。)

そういえば、
西池袋の会館が出来て直ぐの頃は一階道場には畳が敷かれており寝技、組技、投技などの稽古が普通に行われていた、とお聞きした事があります。

また、
総裁のお話の中でも、昔、柔道場に通った時のお話しを頻繁になされておりました。

総裁曰く、
「私が柔道の道場に通い始めた時にだな、
空手の大山が来た!と、はじめ散々稽古で絞め落とされたのよぉ〜!

わたし、悔しくて、悔しくて、帰り道に涙が溢れるくらい悔しかったのよぉ〜

しかしな、君たち、

それから私、毎日、毎日、稽古に通い続けていたらな、
そのうちその先輩達が今日も大山が稽古に来た、と嫌がる様になって来たのよぉ〜

私、そこまで柔道の稽古したのよぉ〜

そしてな、君たちぃ、、、

一年後にはな、
その私を絞め落とした先輩達を全員、私が絞め落としてやったのよぉ〜〜!

カッカッカッカーー!(総裁は満面の笑みでした^ ^)」

大山総裁が残された極真空手の技術書の中には、
寝技、組技、複数人を相手にした時の戦い方、武器を持った相手との戦い方などなどがしっかりと記載されております。

本日は総裁のDVDを拝見させて頂きながら、
改めて極真空手の奥深さを感じた一日となりました。

押忍(^^)                                   石黒康之

***
「このシリーズ、あくまでも、
わたし石黒が第十九期生として内弟子修行した三年間当時の、
拙い記憶、日記、メモをもとに書かせて頂いております。

強烈猛烈な師匠への憧れ、 尊敬、
何度でも何度でも、繰り返し繰り返し、同じお話をされる総裁。

その強烈なインパクトで今もって総裁のお言葉が頭に耳にこびり付いております。

その辺りを御理解して読んで頂けると非常に幸いであります。

内弟子諸先輩後輩の皆様方、また優秀な極真師範、先生、先輩、後輩の皆様方がおられる中、
誠に僭越では御座いますがあえて書かさせて頂いております、御理解の程をどうか宜しくお願い申し上げます。

いつも本当にお世話になりありがとうございます。

今後とも御指導御鞭撻の程を宜しくお願い致します。」

押忍

一年前の投稿 一年前の投稿 一年前の投稿

不思議な写真

豊川稲荷稽古にて不思議な写真が撮れました。
(撮影者 川合ひゃん)

押忍^ ^

不思議な写真 不思議な写真 不思議な写真 不思議な写真

中学時代の思い出

本日の極真空手 浜松半田 浜松西伊場 蒲郡 各道場です。

本日、私自身が極真空手の道を志すきっかけになった原点である中学生時代を鮮明に思い出す、
めちゃくちゃ嬉しい出来事がありました。

本当にありがとうございました。(^^)

本日も一日、お疲れ様でした、ありがとうございました。

押忍^ ^

中学時代の思い出 中学時代の思い出 中学時代の思い出 中学時代の思い出 中学時代の思い出 中学時代の思い出 中学時代の思い出 中学時代の思い出 中学時代の思い出 中学時代の思い出 中学時代の思い出

支部最古参

本日、幼少年少女部指導前に支部最古参門下生であるヒロシ、、
こと細野ヒロシ初段が大阪と神戸のWお土産を片手にヒョッコリと現れてくれました!^ ^

現在のヒロシ初段のお仕事はトラック野郎!
(ヒロシ初段よりトラック野郎を強調してくれ、とのリクエスト有り、笑^ ^)

勿論、私よりも年上であるのですが、
私の元気そうな顔を見るとヒロシ初段、
何も言わずに爽やかな風の様に去っていきました、、、笑

私は様々な方々から守られている、、そう思った瞬間でありました!(^^)

道場にヒョッコリと顔を見せに来てくれる、、、

若い頃にはあまり気付きませんでしたが、
こんなに嬉しい事はありません、、、

ヒロシの兄貴、本当にありがとうございました!^ ^

また一緒に稽古しましょう!

押忍^ ^

支部最古参

武道場

空手道場(武道場)とは、
お寺や神社や教会に近しいもの、
昔でいえば寺子屋や剣術道場に近いもの。

ただ肉体を鍛え、技術を習得するのみだけにあらず、
「精神、心、魂」を鍛え向上させる場所である。

侍(サムライ)とは「寺の人」

押忍        石黒康之

武道場

一燈

私の仕事は一町空手道場の先生(一極真会館支部長)

地方の一町空手道場(極真会館支部)ではありますが、
この閉塞感に苛まれた日本国に「一燈」を灯す事が出来ますよう命を掛けて参ります。

「できないんじゃない、やらないんです!
やればできるよ〜〜!」
大山倍達総裁

50歳を過ぎた今もなお、
師匠の声が頭の片隅にへばり付いて離れません!

押忍
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一燈を提げて暗夜を行く。
暗夜を憂うること勿れ、只一燈を頼め。
(佐藤一斎)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一燈照隅万燈照国
(最澄)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【萬燈行】
(安岡正篤)

内外の状況を深思しましょう。
このままで往けば、日本は自滅するほかはありません。
我々はこれをどうすることも出来ないのでしょうか。
我々が何もしなければ、誰がどうしてくれましょうか。
我々が何とかするほか無いのです。

我々は日本を易(か)えることが出来ます。
暗黒を嘆くより、一燈を付けましょう。
我々はまず我々の周囲の暗を照す一燈になりましょう。
手のとどく限り、至る所に燈明(とうみょう)を供えましょう。

一人一燈なれば、萬人萬燈です。
日本はたちまち明るくなりましょう。
これ我々の萬燈行であります。
互に真剣にこの世直し行を励もうではありませんか。

押忍

一燈

相談役

極真会館 静岡西遠・愛知東三河支部 相談役である礒部光男初段より、
礒部初段が大切に育て収穫された、
立派なお野菜を頂戴致しました。

美味しく食させていただきます!(^^)

ありがとうございました。

押忍^ ^

相談役