冷やし中華

本日は龍光屋さん(浜松)にて遅い昼食。

待ちに待った今年お初の「冷やし中華」さんをいただきました。(^^)

美味しかったーー

これで私の夏が始まります!笑

押忍^_^冷やし中華

極真空手は武道空手である

極真空手は武道空手である「極真空手は武道空手である」

内弟子時代に大山総裁に口酸っぱく、
ことあるごとに御指導いただいた御言葉です。

先日、35歳以上男子型競技部門ではありますが、
約20年振りに大会出場させて頂き実体験から自分なりに感じましたことは、

「武道を稽古していけばある程度、
競技に対応する事は出来るが、
競技だけに絞った練習をしていけば、
武道には対応が出来ないのではないか、、」

ということでした。

あくまでも個人的な意見であり感想です。
(実績も無い自分が偉そうに申し訳御座いません。)

道は果てしなく遠く険しいです。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

押忍                                         石黒康之

読書

読書GW期間中、ゆっくりと読書、勉強させて頂きました(^^)

今流行りの?「インプットとアウトプット」?

しっかりと両者のバランスをはかり充実した人生を送っていけたらと思っております。

押忍^_^

命をいただく

昨日の潮干狩り→あさりの砂出し(あさりの観察)→あさり料理→一粒残らず食す。

命を最後までいただきました。

ご馳走さまでした、ありがとうございました!^_^

押忍(^^)命をいただく 命をいただく 命をいただく

熱田神宮

祝 令和元年

令和、最初の神社詣でに熱田神宮(名古屋市)へ行って参りました!

私ごとではございますが今年(令和元年)に50歳を迎えさせていただきます。

日本国における所の改元は、
蛇の脱皮の様なものではないかと個人的に感じております。

私自身も蛇の脱皮の様に今までの古い自分から新しい自分に生まれ変わったつもりで、
新元号である令和時代を生き抜いていきたいと思います。

過去は過去、今は今!
「いま」から「ここ」から!

過去は「今」の捉え方で変わり、
今は「今」の捉え方で変わり、
未来も「今」の捉え方で変わる!

結局は「いま」と「ここ」しかない訳で、、、

そして、今とても気分が良い訳で、、、

そして、そして、自分なりに帳尻が合う訳で、、、

「これでいいのだ!」笑

押忍^_^                      石黒康之熱田神宮 熱田神宮 熱田神宮

皆さま、平成時代は大変お世話になりありがとうございました。令和時代も何卒宜しくお願い申し上げます。

お疲れ様です(^^)
いつもありがとうございます。

平成最後の夜、
皆さま、いかがおすごしでしょうか、(^^)

わたしは先ほど五社神社(浜松市)にて、
平成のお礼も兼ねて極真空手の型を演じて(型稽古をして)参りました!

皆さま、平成時代に関しましては大変お世話になり本当にありがとうございました。

令和時代も何卒宜しくお願い申し上げます。

押忍^_^                          石黒康之

皆さま、平成時代は大変お世話になりありがとうございました。令和時代も何卒宜しくお願い申し上げます。

親子関係は覚悟の問題

親子関係は覚悟の問題親子関係(子供の教育)は、
親が子に対してどこまで覚悟を決められるかである様に思います。

自分(親)の世間体、立場、地位、全てを捨ててでも、、、

「親子関係は子に対して覚悟を決められるかが勝負」

押忍                                  石黒康之

いよいよ令和へ

本日、蒲郡道場からの帰り道、
コンビニに寄ると新元号である令和グッズと日本国旗フラッググッズが売っておりました。

新しいもの好きの私は早速購入させて頂きました。(^^)笑

思い起こせば約10年前

道場にデカデカと日本国旗を掲げたところ様々な方々から有り難い事に右翼の称号を頂き?ました。笑 ^_^

(勿論、私は右翼でも左翼でも何者でも御座いません。笑、ただの一町空手道場の先生でございます^_^)

中にはここが日本国であるにかかわらず、
道場に日本国旗を掲げるのはやめた方が良いと親切?にアドバイスを頂いたことも幾度もありました。

その節は色々とありがとうございました。

あれから約10年、、、

時は平成から令和へ、、、

自国の国旗や国歌、歴史に対して大東亜戦争敗戦後のアレルギー的な過剰反応ではなく、
冷静に考え直す事が出来るまともな良い時代が目と鼻の先まで来ているんだと、
新しい時代の流れの始まりを感じざるを得ません。

いよいよ平成もカウントダウン

そして新元号  令和へ、、、

長い長い日本国の歴史の中で、
またこの絶妙なタイミングで日本国に生を受けている事に感謝の意しか湧いてまいりません。

それがたとえ偶然とはいえです。

いやむしろ偶然を必然であると意味付けするのは自分自身であるわけですので、
やはりどう考えても私にとっては幸せな感謝すべき事であるのです!^_^

本日も一日、お疲れ様でした、ありがとうございました。

押忍(^^)                            石黒康之いよいよ令和へ いよいよ令和へ いよいよ令和へ