春の昇級・昇段審査会

本日、恒例の支部内部行事である春の昇級・昇段審査会をおこないました。

まるで冬に逆戻りしてしまったかの様な気候の中、大変お疲れ様でした、ありがとうございました。

押忍(^^)春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会 春の昇級・昇段審査会

極真空手 総本部冬合宿 四段審査会

お疲れ様です(^^)

いつもお世話になり、ありがとうございます。

1月3日から上京し、
4日から6日までの極真 総本部 冬合宿ならびに四段の昇段審査会に参加させて頂いて参りました。

未だに頭の中が興奮と感激と感謝で入り混じっており、何をどう書いて良いのやら分からない状態であります。(^^)

(因みに昇段審査会は19年ぶりの受審となりましたので、おそらく総本部冬合宿参加も19年ぶりなのです。)

48歳の今、
いま一度、松井館長ならびに郷田師範、福田師範、神尾師範、杉村師範の前で極真会館の一門下生に戻り、

審査会を受審させていただく事が出来たこと、

合宿稽古を付けていただく事が出来たこと、、

もう、嬉しくて、嬉しくて、、、

しっかりと初心を取り戻す事が出来、
48歳の自分の現状をしっかりと把握する事が出来、
感謝の言葉以外はもう何も出て参りません、、、

今回のこの経験、体験をしっかりと受け入れ改良改善して、
今後の自身の稽古、現場指導、支部道場運営経営に還元、活かして参ります。

本当にありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

ありがとうございました!

押忍 石黒康之極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会 極真空手  総本部冬合宿  四段審査会

秋の昇級昇段審査会

お疲れ様です。^^;

いつもお世話になり、ありがとうございます。

本日、極真空手 静岡西遠支部 浜松西伊場道場にて恒例の内部行事である昇級昇段審査会を行いました!

取り急ぎ、審査会風景をアップさせていただきます。

長時間にわたり誠にお疲れ様でした、ありがとうございました。

心の底より感謝申し上げます。

ありがとうございました!

押忍^^; 石黒康之

春季支部昇段審査会

4月7日(日)に浜松本部道場において春季昇級審査・昇段審査がおこなわれました。
昇段審査には、齋藤 淳哉1級・山口 真五1級・三土手 公任子1級・狩峰 宏行1級の4名が挑戦しました。
審査は体力審査、技術審査・連続組手を見られます。審査規定は厳しいものですが稽古していれば出来ないことはありません。
一番の山場はなんと言いましても、10人組手となります。これを乗り越えた先に一つ上の山にたどり着けます。しかし、たどり着いたらまた次の目指す山が目の前に現れます。
武道の世界で「段」を許されるということは、たった一人でも稽古ができるということです。初段は空手の入り口です。山に例えましたが、登山口に立っただけです。
この先頂上を目指し歩んでいく。頂上は遥か彼方かも知れませんが、現状に満足することなく稽古をして行ってほしいと思います。
初段が最終目的ではありません、通過点だけなのです。また今、初段の道場生の方々もさらなる上を目指し弐段・参段と挑戦して行ってもらいたいと思います。

春季支部昇段審査会 春季支部昇段審査会 春季支部昇段審査会 春季支部昇段審査会

秋季支部昇段・昇級審査会

9月23日(日)に秋季支部昇段審査が行われました。
この審査に、笹川哲1級と鳴海佑也1級が挑戦しました。 審査は一般の昇級審査と併せて行われました。 体力審査・技術審査・10人組手・筆記試験と滞りなく進行しました。 「立ち方3年、握り方3年、突き方3年」10年近く修行しないと空手の門に立つことはできないよ」と大山総裁がおっしゃいました。
茶帯から黒帯への通過点である昇段審査。最後の10人組手では今まで修行してきたことを全て出し切るかのような気持ちが感じられました。

春期昇級審査会

3月25日30日(東三河地区)と27日.4月1日(西遠地区)の日程で春季昇級審査会が行われました。
各審査の席上で石黒支部長より、根本的で重要なことをお話されました。基礎体力・基本・移動・型は全て組手の為に行うものであり、一つ一つの技の中に相手を倒すという意識がなかったら、それは極真空手ではなくなります。少年部では、気合が小さい事にふれ、心が身体を引っぱるんだ、大きな気合で、そうすれば後から形は付いてくると審査途中、同じニュアンスで話されました。
審査では審査規定があります。各道場に張り出してありますが、極真の審査はやることが事前にわかっています。たとえば拳立て、白帯なら大人は20回とか。やるべきことをできるようになり初めて受審できます。

秋季昇段審査会

秋季昇段審査会が10月2日(日)本部道場にて行われた。この審査に7名の茶帯1級が挑戦しました。
今回は一般の昇級審査の受審者と合同で行われ、体力審査から技術審査・連続組手、筆記試験と真剣に取り組んでいました。「審査の申込みをしたから帯をもらえると思わないで下さい。審査とは他人の目を借りて現状の自分自身を確認する場所である。今、何が出来て何が出来ない、どこが良くてどこが悪いなど、自分自身を知り、足りなければ補う、出来ないことを出来るまでやるのが稽古です。」
昇級・昇段審査は規定の項目が各道場に貼り出してあります。今回の昇段受審者の中には全ての審査項目を完遂するべく稽古を積んできたと思われます。極真の道場に入門し、やっと昇段審査までたどりつき、憧れの黒帯に手の届くところまで来た。ここで今まで稽古してきたことを全力で出すだけです。一昔前までは極真3倍段と言われるように極真の初段は他流派の3段と言われました。その帯を手にするには苦しい通過儀礼の10人組手があります。1人1分で10人を相手に組手を行います。苦しくなった時の逃げることの出来ない状況を、10人組手で体験することができます。この苦しい体験を知っていれば普段の生活の中で、少しくらいの困難はどうって事はなくなるでしょう。

秋季昇段審査会

それが黒帯です。級から段となるわけですが、初段の「初」の字は、ころも遍にカタナと書きます。今まで着て来た服が小さくなったから、刀で切り捨てて、新しく自分に合った着物を身に着けるという意味があるそうです。級から、段へ、新たな気持ちを胸にこれからも稽古を積んで行ってほしいと思います。以前にも書きましたが、初段は自分で自分を客観的に捕らえることが出来る人、自分で考えて稽古が出来る人です。これからは、誰も教えてくれません、自分の手で自分の足で歩いて行く。初段が空手の始まりであり、けっして終点ではありません。

秋季昇段審査会

■十人組手■

1人目増田航平1級。今回が3回目の挑戦となる増田1級、厳しい場面もありながらも終盤まで気持ちが途切れず10人完遂。
2人目市川美琴1級。全東海の活躍の勢いそのままに、10人に挑戦。途中苦しい場面もありながら、10人完遂。
3人目藤﨑亮人1級。序盤の動き・技の切れは良く、中盤から終盤は苦しい場面もあり、気力で10人完遂。
4人目斎藤諒助1級。淡々とこなし10人完遂。
5人目西尾昂大1級。小兵ながら、相手にはやりにくい組手で自分より大きな相手にも果敢に向かう姿が印象的でした。10人完遂。
6人目斎藤信孝1級。序盤より良く相手を見て動き、下段と突きが冴えていました。終盤苦しい場面もありながら10人完遂。
7人目佐藤優作1級 。序盤は高校生チャンピオン3人相手で苦しい展開となったが、気力を振り絞り10人完遂。

秋季昇段審査会 秋季昇段審査会 秋季昇段審査会 秋季昇段審査会 秋季昇段審査会 秋季昇段審査会 秋季昇段審査会 秋季昇段審査会 秋季昇段審査会 秋季昇段審査会 秋季昇段審査会 秋季昇段審査会 秋季昇段審査会 秋季昇段審査会 秋季昇段審査会