2019東日本空手道選手権大会

2019東日本空手道選手権大会 2019東日本空手道選手権大会 2019東日本空手道選手権大会嬉しい報告が入りました!

2019東日本空手道選手権大会に当支部より単身出場させて頂いていた、
西 汰耀くん(優勝)と西 乙羽ちゃん(3位)が見事結果を残してくれました(^^)

本当に、おめでとうございます!

また、本当にありがとうございました。

押忍^_^

剣道 中体連

剣道 中体連本日は愚息の皇潤さんの剣道中体連(本日は個人戦)
「心正しからざれば、剣(拳)また正しからず」

顔晴(がんば)れー

押忍^_^

静岡新聞取材記事

静岡新聞取材記事令和元年  6月25日付けの静岡新聞に、
四月の国際大会で見事優勝した西 汰耀さんの取材記事を掲載していただきました!

静岡新聞社様、本当にありがとうございます。

たいようさん、本当におめでとうございます(^^)

お互いに顔晴(がんば)っていきましょう!

ありがとうございました。

押忍^_^

第三回全中部空手道選手権大会

第三回全中部空手道選手権大会 第三回全中部空手道選手権大会 第三回全中部空手道選手権大会本日、石川県にて行われました第三回全中部空手道選手権大会にて、
当支部所属の純大さん(蒲郡道場)と、
金光さん(豊橋道場)が見事入賞の報告をいただきました!

本当におめでとうございます!(^^)

お疲れ様でした、ありがとうございました。

押忍^_^

I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会終了

I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会終了 I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会終了 I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会終了 I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会終了 I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会終了 I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会終了 I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会終了 I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会終了 I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会終了 I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会終了 I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会終了昨日、大阪府立体育会館にて行われました、
I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会の様子です。

今回は松井館長が創始されたセミコン競技一本での大会出張。

土曜日の「審判講習会」、「技術講習会」を含め全ての業務に於いて勉強だらけの大変充実した時間を過ごさせていただきました。

この二日間、物凄い量のインプットをさせて頂きましたので、
早速地元に持ち帰り道場現場指導にてアウトプットさせて頂きたいと思います。

常に勉強、一書生の心構えを忘れずに今後も日々努力精進して参ります。

二日間、本当にありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

ありがとうございました!

押忍

 

I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会

I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会本日から、明日、大阪府立体育会館にて行われる、
I.K.O.セミコンタクトルール2019全国交流大会の為に大阪出張となります。

(本日は審判講習会、全国支部長会議、技術講習会に出席となります。
なお、本日の浜松西伊場道場、幼少年少女部は山添師範代、師範稽古は森指導員の代稽古となります。)

何卒、宜しくお願い申し上げます。

いつもありがとうございます。

感謝申し上げます。

押忍^_^

 

 

国際親善大会後の感想

先日、東京 武蔵野の森総合スポーツプラザにて行われました国際親善大会に「型競技」ではありますが約20年ぶりに公式戦に出場させて頂きまして誠にありがとうございました。

出場させて頂いて改めて競技会、大会、試合の楽しさを実感し噛み締めております。(^^)

やはり、
極真空手独特の大会会場雰囲気は癖になりますね、最高です!笑^_^

自分の場合、
「フルコン競技」には10代後半から20代後半の約10年間で身体を傷めながらでしたが自分なりにやり切り、
フルコン競技会から得る効能を自分なりにではありますが理解体得しておるつもりですので、
もう選手として国際大会のフルコン競技部門に出場するつもりは御座いません。
(全日本大会クラスの大きな大会実績も無い私が偉そうに申し訳御座いません。)

しかしながら、
「型競技」に関しましてはある程度の結果がでるまで、、、
いやもし結果が出なくても出場し続けてみようと現段階では考えております。

そして、
その先には何と言っても松井館長が創始されたセミコン競技も視野に入れて稽古に励んでいけたらと考えております。
(勿論、共に実年齢に応じた壮年クラスですが、(^^))

私見ではありますが、
「セミコン競技」は一重に技術力の世界、
年齢性別に関係なく極真空手道の技術力、質、クオリティを磨く事が出来る最高の競技会ツールであると個人的に考えております。

競技大会に関しましてはこれで、
「フルコン競技」・「型競技」・「セミコン競技」

の三本柱が確立されたのだと思います。

上記のこの素晴らしい競技大会(三部門)を門下生の皆様の極真空手道人生に、
また門下生の皆様の人生の生き様に是非活用して頂けたらと改めて実感しております。

いつも支部の門下生の皆様方には言っておるのですが、
競技大会だけが極真空手ではありません。

が、しかしながら、、、

競技大会(実践)からしか学べない事も多々あるのも真実です。

今後の支部門下生の皆様の極真空手道人生、
皆様の充実した人生のライフスタイルのお手伝いが少しでも出来ます様に私自身も努力精進して参ります。

「実践なくんば証明されず、
証明なくんば信用されず、
信用なくんば尊敬されない」

師匠である大山倍達総裁のお言葉を噛み締めながらです!

皆さま、今後とも御指導の程を何卒宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました!

押忍                                      石黒康之国際親善大会後の感想