年越しそば

年越しそば今年一年間、大変お世話になり本当にありがとうございました。

先ほど年越しそばも美味しく頂きました!(^^)

来年も何卒宜しくお願い申し上げます。

押忍(^^)

磁石の原理

いいか君たち、、、

「金を追っかけるな!

金が、名誉が、女が、追っかけてくるような男になれ!

磁石の原理や!」

大山倍達総裁(極真 第19期生内弟子稽古より)

押忍                               石黒康之磁石の原理 磁石の原理 磁石の原理

幼児教育の重要性

以下、鳥飼重和先生メルマガよりシェアさせて頂きました。

『幼児教育の効率性 』

◇ フィギュアスケートの紀平梨花選手の活躍が目覚ましい。
シニアデビューでのGPファイナル制覇は浅田真央さん以来の快挙だ。
紀平選手の最大の武器は、安定感のあるトリプルアクセルだが、
軽々と跳べるのは驚異の身体能力の持ち主だからだそうだ。
その素晴らしい能力の秘密は、幼児の時からの教育にあるようだ。
幼児教育で身に着けた体幹が、難しい技への安定感の基礎となり、
紀平選手の場合、それが才能開花につながったのは確かだろう。
幼児教育は、最も効率的な子供への投資だと言われている。
大学受験の時よりも幼児教育への投資の方が、確実性はあるようだ。

◇ ノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学のヘックマン教授の研究では、
幼児教育に投資する方が投資効率は良い、いう結論になるそうだ。
幼児教育に投資をすれば、犯罪率や大学の中退率は統計上低いという。
しかも投資効率が高いのは、国語・算数など成績を測る認知能力よりも、
自制心や人間としての特徴である非認知能力の開発への投資のようだ。
公益社団法人才能教育研究会が普及推進しているスズキ・メソードは、
楽譜を見なくても楽曲が演奏できるまで、繰り返し練習を続けさせる。
それを乗り越える力が具わることで、根気よく努力できる大人に育つ。
幼児期に持続力を育てることで、非認知能力を身につけることができる。
これは、大人になってからも、試練を乗り越える力の源泉となりえる。
この源泉を得ることこそ、効率性の高い幼児教育の本当の価値といえよう。

**************************

鳥飼重和先生メルマガよりシェアさせて頂きました。

押忍幼児教育の重要性

馬は乗ってみよ、人には添うてみよ

馬は乗ってみよ、人には添うてみよある日の極真会館 総本部 朝礼(大山倍達総裁講話)にて、、、

「君たちねー、
“馬は乗ってみよ、人は添うてみよ, と言ってな、
名馬か駄馬かは実際に馬に乗ってみないと分からないよ!

それと同じくな、
人も実際に会ってみないと、その人間の真実はわからないよ!

君たちは人の噂で人の事を決めつけたり評価する様な人間になってはいけないよ、

噂に惑わされてはいけないよ、実際に人には会ってみなさい!」

押忍                                石黒康之

読書

「読書百遍意自ずから通ず」

最近、熟読させて頂いている書物であります。

押忍                           石黒康之読書

榊替え

最近、支部内のどの道場でも、
榊替えを私がしなくても自発的にお弟子さん達がしてくれる様になってきました。(^^)
(どのお弟子さんが榊替えをしてくれているのかは、私には全く分かりません。
いつも本当にありがとうございます、心より感謝申し上げます。)

私の今までの経験上、
こうなってきたらある意味、道場が良い雰囲気に転化発展していく兆しであると思っております。

しかしながら、
私が怠惰になり傲慢になれば一瞬にして崩れ落ちズタボロになっていく事を、
これも痛い恥ずかしい経験として私は実体験として体験しております。
(お弟子さん達以上に極真修行の世界にドップリと浸っていかなければと、自分自身を戒めて精進して参ります。)

大山総裁に常々言われ続けた、
「君たち、
奉仕の精神が大切だよ、
己を滅して己を活かすんだよ!」

若い時、経験体験値が浅い時、学問が進まなっかった時は、
全く理解出来ないまま、
ただただ師匠の言葉を信じて「行」を行なってきましたが、
この歳になり、
実は日本という国の、地球の、宇宙の法則に則った科学的な教えであったのだと、
少しではありますが理解が出来るようになって参りました。

無意味に思えるような事にも、しっかりとした「無」という意味がある、と、、、

押忍                                       石黒康之榊替え

幸せ

幸せ幸せは「なる」ものではなく「気づく」もの

押忍                            石黒康之

現実

現実現実はあくまで中立である。

心一つの置き所で現実はいかようにも変わる。

自分の歩いた道の後に現実は付いてくる。

押忍                               石黒康之