2020年 教育の明治維新

「2020年 教育の明治維新」

押忍
*****
[デジタルネイティブとアナログネイティブ] 石田勝紀氏の心に響く言葉より…
AI(人工知能)、スマホ、テクノロジー、オンラインゲーム。
このような言葉を聞かない日はなくなりました。

2008年のiPhone登場以来、世界の様相は一変しました。

ライフスタイルも、企業のあり方も、働き方も。

教育も、もちろん例外ではありません。

私は1989年以来、30年にわたって教育分野に携わってきましたが、子どもたちを取り巻く環境が今ほど変わった時代はなかったと感じています。

まさに20世紀型から21世紀型への大転換。

そこにテクノロジーの進化発展がベースにあることは誰しも認めるところでしょう。

最も進化の遅い分野の一つである日本の教育分野も、これから大きく変わります。

2020年を境に大変化することが決まっているのは、みなさんすでにご承知だと思います。

その背景には、テクノロジーの進展により企業で求められる人物像が大きく変わった時代の変化があるのです。

一方で、小中高生を持つ親の大きな心配ごとの一つに、「スマホ・ゲーム・動画に子どもがハマって、勉強しない」という悩みがあります。

現在、私は勉強会を全国で主催していますが、この2年で1000人以上のママさんと直接お話しし、そこで受けた相談内容の中で最上位に上がってくるのが、まさにこの悩みなのです。

一昔前も、このような悩みはありました。

たとえば、「うちの子、漫画ばかり読んでいて、ちっとも勉強しない」の漫画という言葉、時代によってさまざまに入れ替わっているだけなのです。

しかし、今のテクノロジーに関する親の悩みには、昔の悩みと異なる問題があるのです。

それは、「デジタルネイティブ×アナログネイティブ」という対立構造があるからです。

そしてこの2種類の対照的な人たちが混在する世界になっているのです。

デジタルネイティブの定義はいろいろとできますが、私は、2008年以降に生まれた子どもたちと定義づけしています。

なぜなら、iPhone誕生の2008年を起点に、これ以降に生まれた子どもたちは、生まれた瞬間からスマホ、タブレットといった世界を一変させたテクノロジーに囲まれて生きているからです。

生まれた環境が与える思考への影響、生活習慣に与える影響は少なくありません。

ということは、親世代と今の小学生には大きな価値観の相違があるということなのです。

そして、その子はやがて中学生、高校生になり、十数年経つと社会に出て、20年も経つと社会を動かす立場になります。

であれば、アナログネイティブである親たちの価値観は時代遅れになりつつあるのではないか?と思うのです。

これは価値観が正しいとか間違っているという意味ではありません。

時代が変わったのです。

企業の内部でも、価値観の相違による軋轢(あつれき)は頻出しています。

特に若い世代の社員を育成することが難しくなってきているのです。

これはある意味、これまでアナログネイティブの人たちが正しいと思ってきたアプローチ方法が、間違っている可能性もあるということです。

子どもの教育の世界でも、企業内部の人材育成の世界でも、できることはひとつです。

それは今、テクノロジーを活用した教育がどこまで進んでいるのか、事実を知ることです。

事実を知ると、理解ができます。

理解ができると、歩み寄りができます。

つまりアプローチ方法がわかるのです。

『新時代の学び戦略』(石田勝紀氏&小宮山理恵子)日本工業新聞社

2020年の教育大改革について山下慎也氏はこう語る。

『2020年に学校の勉強が大きく変わります。

今回の変化は「脱ゆとり」どころの騒ぎではなく「教育の明治維新」と言われるくらいの大きな変化ですが、まだまだほとんどの保護者の方にとっては「教科書が変わるだけでしょ」程度にしか思われていません。

今回の変更の一番のポイントは、これまでの「どれだけ知っているかという知識重視の学習」から「どう考えるかという思考力重視の学習」に変わるということです。』

これには、ビジネスモデルの大変化による、産業界からの要請もあったという。

創造性やデザイン思考といった発想が、とてつもなく必要とされる時代になったからだ。

ある就活生が小さなベンチャーに入りたいと言ったところ、親に大反対をされ泣く泣く大手の会社に就職することになったという。

親の古い考え方やリテラシーは子どものチャレンジの目を摘んでしまう。

小さなベンチャーに行けば失敗する可能性も高い。

でも、「それでもいいじゃないか」、と言えるだけの「失敗耐性」を親が持っていないと安全な(錯覚だが)道を勧めてしまう。

「失敗耐性」とはアントレプレナーシップのことだ。

アントレプレナーシップとは、何度失敗してもなおチャレンジするという起業家精神のこと。

起業は、失敗の連続だからだ。

親の世代は、完全なアナログネイティブ。

デジタルネイティブの子どもたちとは大きな隔たりがある。

時代は変わり、会社も組織も、そして考え方も大きく変わっている。

きたるべき2020年は、「教育の明治維新」。

新時代の学びの戦略を身につけたい。

■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから

シェアさせていただきました。

押忍

不平不満愚痴悪口を言わない

不平不満愚痴悪口を言わない人の悪口、会社の悪口を言っているというのは、実は全部自分を暴露していることに他ならないのです。

自分がどうしようもない人間だと自分で周囲に暴露をしているのです。

すべてが自分にちょうどいいのです。

 

小林正観さん

シェアさせていただきました。

押忍

信条

安心 「笑顔」

信用 「約束を守る」

尊敬 「実践する、行動する」

感謝 「ありがとう」

押忍 石黒康之信条

夏休み プール

両潤さんが通う小学校は今日が終業式で明日から夏休み!

と、いうことで、、、とりあえずプール!(^^)

子供たちが喜び嬉しいと私も喜び嬉しい!

さぁ、私は仕事、楽しい楽しい道場へと向かいます。(^^)

押忍^_^夏休み プール

命をかける

命をかける令和元年9月をもって御歳 50歳とさせて頂きます。

若い時には太く短く50歳まで生きられれば本望であると、、
今思えば若気の至り、自分勝手な傲慢な浅はかな考え方に汗顔の至りであります。

しかしながら、
年々、年齢を重ねて40歳代に入る頃には逆に早く50歳代になりたい、
少しでも健康で長生きでありたいと考える様になって参りました。

令和元年9月で、ある意味、待ちに待った50歳

「いまから、ここから」の精神で精一杯生き、
天がお許し下さる限りしっかりと生き抜いて参りたいと思います。

50歳

改めて、
「極真空手に命をかける!」という誓いを持って!

今後とも宜しくお願い致します。

いつも本当にありがとうございます。

押忍                                 石黒康之

2019年7月21日日曜日
西遠支部夏季昇級審査会を終えた浜松西伊場道場にて、、

個は全体であり、全体は個である

個は全体であり、全体は個である。

無色は全ての色を含む。

空は全ての物質を含む。

水の中にいる魚は、水の中にいる事に気付かない。

押忍                      石黒康之個は全体であり、全体は個である

溺愛

溺愛溺愛という言葉通り、
お父さんもお母さんも「お前のために」とベタベタ愛情を注いでいたらロクな子はできません。
べったりしたいところをグッと飲み込んで我慢をして放っておいて突き放すのも、
その子を成長させるためのひとつの技術です。
愛情のあり方なのです。

美輪明宏さん
シェアさせていただきました。

押忍

【ママを守るために生まれてきたよ!】

【ママを守るために生まれてきたよ!】【ママを守るために生まれてきたよ!】

池川クリニック院長、池川明氏の心に響く言葉より…

弟に順番を譲ってもらったというお兄ちゃんの証言です。

現在6歳になる長男が、言葉をしっかり話しはじめた2歳半ごろに、次男をおなかに授かりました。

私のおなかに次男が着床するかどうかという時期に、とつぜん「ママのおなかに赤ちゃんがいる!」と、長男が言いだしました。

まさか、と思いつつも、2週間後に検査をすると陽性!

そして、妊娠を言いあてたころから、長男が胎内記憶らしきことを話しはじめました。

最初のうちは「ママのおなかの中は暗かった」とか、「おなかの中にいたとき、ママの声が聞こえた」などのお話でしたが、だんだん生まれる前にいた世界のことを話すようになりました。

「ぼくがお空の雲の上にいたとき、おじいさんが『どの人にする?』って聞いたの。

ぼくは雲の下をのぞき込んで、『あの人がいい!』と言って、ママを指したの。

そのときに、隣にいた男の子もママを指したの。

でも、『ふたり一緒は無理だよ。どっちが先に行く?』と、おじいさんが言ったから、『ぼくが先がいい!』と、答えたの。

隣にいた男の子も、『いいよ!』っと言って、笑ったの。

だから、ママのところにぼくが先に来たんだよ!」

「どうしてママを選んだの?」

と、私が聞いてみたら、

「とっても楽しそうに笑っていたから!」

と長男は答えました。

ご長男が話したように、「とても楽しそうだったから、お母さんを選んだ」というのも、子どもたちがよく口にする理由のひとつです。

これに関連して、子どもたちがお母さんを選ぶ理由を、少しさぐってみることにしましょう。

先にも少し触れましたが、お母さんを選んだ理由のナンバーワンは、「優しそうだったから」です。

「優しいから」ではなく「優しそうだったから」というところがポイントかもしれません。

というのも、「空の上から見たときは優しそうだったけれど、生まれてみたら違ってた」と話す子が少なからずいるからです。

そして、優しいお母さんにつづいて人気があるのは、泣いていたり寂しそうだったりして、生きるのが辛そうなお母さんです。

普通に考えれば、優しくて明るいお母さんのほうがいいように思えますが、なぜ子どもたちは泣いているお母さんをあえて選ぶのでしょうか。

私の知人のお子さんに、りゅうのすけくんという男の子がいます。

りゅうのすけくんのお母さんはシングルマザーで、妊娠を知ったときにはとても困惑し、中絶を考えたといいます。

でも、悩んだすえに産むことに決め、そして生まれてきたのがりゅうのすけくんでした。

りゅうのすけくんは、ちょうど5歳くらいになったとき、私の講演会にお母さんと一緒に来て、後ろのほうで聞いてくれました。

そうしたら、トコトコと前に出てきて、

「先生、ぼく、お話がしたい」

と言うのです。何を話すのかな、と興味津々で言葉を待ったら、

「お空の上には虹があって、虹を食べてた」

とか、いろんなことを話しはじめました。

そこで私が、

「りゅうのすけくんは、どうしてお母さんを選んだのかな?」

と聞いたら、

「お母さんが泣いてて寂しそうだったから。ぼくが来たら笑ってくれると思ったの」

そんなことを言いました。

このときお母さんは、後ろのほうで聞いていましたが、りゅうのすけくんの言葉に涙を流していました。

『ママを守るために生まれてきたよ!』Gakken

「親が勝手に生んだ」「親のせいでこんな性格になった」「親のせいで今、何もかもうまくいかない」と、親のせいにする人がいる。

しかし、もし、仮に自分が、両親や家や国や環境、そして、母親を選んで生まれてきたとしたら、他の誰にも文句を言うことはできない。

胎内記憶を持つ子どもたちは、空の上に天国のようなところがあり、そこから地上を見て、母親を選ぶという。

自分の人生は、他の誰のものでもない、「この自分が選んで決めたシナリオ」と、肚の底から納得するなら、人の生き方は変わってくる。

そして、両親を大事にしようと思うようになる。

「ママを守るために生まれてきたよ!」

今一度、自分の生まれてきた意味を考えてみたい。

「人の心に灯をともす」よりシェアさせて頂きました。

押忍