アベノマスク

アベノマスクを愛用してくれているカナダ人のマルクさん

日本人として誇りに思います。

マルクさん、いつもありがとうございます。

押忍^ ^

アベノマスク

安心 信用 尊敬 感謝

安心 「笑顔」

信用 「約束を守る」

尊敬 「実践する、行動する」

感謝 「ありがとう」

押忍                  石黒康之

安心 信用 尊敬 感謝

 

さかき換え

現在、6ヶ所の常設道場と自宅に神棚があり、
榊換えの榊代だけでも毎月バカにならない出費でありましたが、最近はコストパフォーマンスを考え自宅の庭で榊を育てております。(^^)

(もっぱら各道場の榊は、私が知らぬ間にお弟子さん達が率先して自発的に榊換えを行ってくれておりますので大変助かっております。
いつも本当にありがとうございます、感謝、感謝です!)

しかも自宅で育てている榊、、不思議なことに買ってくる榊よりも断然長持ちし、あまり枯れないのでコスパ最強となっておるのです。

一本の苗木から育て、枝を剪定していく訳ですが、これが実に面白いのです。

どの枝を切ったら、幹がしっかりと育つのかいつも考えながら剪定していくのですが、、、、

これって組織、人間社会も一緒だな、、と、、ついつい考えてしまうのです。笑

押忍^ ^

さかき換え

御天道様の前で、、

石黒康之50歳、、、
前半生を反省し、残り後半生、終生、極真の道に恥ずかしくない様、公明正大に生きていく!

御天道様(神様)の前で説明の付かない事はしない様に生きていく!

押忍

御天道様の前で、、

しつけの三原則

「しつけの三原則」について

1、朝、必ず親に挨拶をする子にすること。
2、親に呼ばれたら必ず、「ハイ」とハッキリ返事のできる子にすること。
3、ハキモノを脱いだら、必ずそろえ、席を立ったら必ずイスを入れる子にすること。

じゃ、このしつけのコツはというと、まず、母親自身が、ご主人に対して朝の挨拶をハッキリするようにし、また、ご主人から呼ばれたら、必ず「ハイ」とはっきりした返事をするように努力することです。
この「ハイ」という一語によって、その人は「我」を捨てるわけです。つまりそれまでの意地や張りの一切を投げ捨てるわけです。同時に、それによって当の本人はもとより、一家の人びとの雰囲気までが変わりだす。
昔ね、登校拒否の中学生をもって困り抜いたお母さんから相談を受けたんですがね、その解決法はただ一つあるだけで、それは明日からあなたがご主人によく透る声で「ハイ」と返事をされることですといった。
その人はその通りしたんでしょう、その子どもはその後11日目にはもう登校しだしたとのことでした。
「ハイ」という言葉が本当にいえたら、非行少年でも徐々に変わってくる。ところが、本当に「ハイ」がいえる婦人は百人のうち、二、三人じゃないかな。
表現を変えればね、これだけの俸給を得るために、主人がどれほど下げたくない頭を下げ、
いいたくないお世辞をいっているか――ということのわかる奥さんにして、初めて聡明な母親となるわけです。

森信三(教育者)
『致知』1985年11月号より

シェアさせていただきました。

押忍

しつけの三原則 しつけの三原則 しつけの三原則

逆選別の時代

いつも美味しいケーキを購入させて頂いている地元のケーキ屋さん(^^)

コロナ感染防止予防の為、「ご入店は2組様まで」の貼り紙が貼ってあり、大変、安心してケーキを購入させて頂く事ができました。

また、それと同時に、同じ自営業者として大変勉強をさせて頂きました。

これから(withコロナ)の時代は、良い商品と同時に安心、安全、清潔をお客様に売る時代

自分のお店のルールを守ってくれる、まともなお客様を相手にし、お店側がお客様を選んでいける逆選別の良い時代

しかしながら、大前提としてお店側がやるべき事をしっかりとやっていなければならない、お店側にとっては厳しい時代

どちらにしましても、新型コロナウイルスによって今までのやり方が根底から覆ってしまった事は間違いがなさそうです、、

これからの新しい時代に向け、私自身も根底から考え方を改め日々努力精進して参ります。

ありがとうございました。

押忍^ ^

逆選別の時代

継続しか力にならない

十年、二十年、三十年、同じ姿勢で、
同じ情熱を傾け続けられるのが才能だと思う
━━━━━━━━━━━━━━
羽生善治(将棋棋士)
月刊『致知』より
 
致知出版社様メルマガよりシェアさせていただきました。
 
 
押忍
継続しか力にならない

気付き

新型コロナウイルスによって気付きを得られた方々が多いみたいですね、、、

私もしっかりと生きていきます。

押忍

気付き