父と子

以下、致知出版社様メルマガよりシェアさせていただきました。
*****
父と子
………………
父は中学校の校長をしていた。
自分が負けず嫌いだったから、
娘に対しても小さい時から
「偉くなれ」と言って育ててきた。

大きくなると、さらにその上に、
「人よりも偉くなれ」と育てた。

小学校から高校まで、娘は順調に伸びていった。

だが、東京の大学に進むとそうはいかなくなった。

いくら努力しても自分より優れた人が数多いる。
娘は絶望し、電車に投身自殺をした。

「両親の期待にそうことができなくなりました。
人生を逃避することは卑怯ですが、
いまの私にはこれよりほかに道はありません」

残された手紙にはそうあり、続けてこう書かれていた。

「お母さん、ほんとうにお世話さまでした。
いま私はお母さんに一目会いたい。
会ってお母さんの胸に飛びつきたい。
お母さんさようなら」

これを読んだ母は狂わんばかりに娘の名を呼び号泣した。

この父は東京家庭教育研究所の創設者、
小林謙策氏(故人)。

小林さんは言う。

「子どもは這えば立ちたくなり、
立てば歩きたくなり、歩けば飛びたくなる。
これが子どもの自然な姿。

子どもは無限の可能性を持って伸びようとしている。
それなのに私は愚かにも“人より偉くなれ”
と言い続けてきた。

“自分の最善を尽くしなさい”だけで、
娘は十分に伸びることができたはず。

私は娘の死によって、
家庭教育の重要性を痛感しました」

以後、小林さんは家庭教育の探求と普及に
生涯を捧げ、平成元年に亡くなられた。

自分の最善を尽くしなさい――
一人娘の自殺という悲痛のどん底で掴んだ
父としての覚醒である。

ある宗教新聞に掲載されたという
死亡告知も忘れられない。

(本書に続く)

………………………………………………

『小さな修養論4』 藤尾秀昭

致知出版社様メルマガよりシェアさせていただきました。

押忍

  • 父と子

たのしむ

立派になろうなんてのは疲れますから、
自分のやりたいことだけ、自分が楽しいことだけ、考えたらいいんですよ。

冨士山に登ろうと決めた人だけが冨士山に登ったんです。
散歩のついでに登った人はひとりもいませんよ。

勝とうと思うから負けがあるんです。
勝とうと思わなければ負けはありません。

『浮浪雲』より ジョージ秋山(漫画家)

シェアさせて頂きました。

押忍

たのしむ

方位方角

「あっちの方角がいい」とか「こっちの方角がダメだ」とかいろんなことを言う人がいます。

ただ、あなたの行くところにはいつも陽がさします!

だって、あなたの笑顔が太陽なんです。

あなたの思いやりのある言葉が太陽なんですから。

だから、どこに行っても大丈夫、大丈夫。

斎藤一人さん

シェアさせて頂きました。

押忍

方位方角

正しい継続

「正しい」継続は力なり、
「正しい」継続しか力にならない。

(正しく継続すれば、正しい結果が出る。
間違えて継続すれば、間違えた結果が出る。
間違えたら即改良して継続する。)

押忍

正しい継続 正しい継続 正しい継続

ぶどう狩り

道場夏休み最終日は家族で山梨県勝沼へぶどう狩り!^_^

夏休み期間中、ゆっくりと充電させていただき、誠にありがとうございました。

明日から気合い入れてがんばります!

押忍^_^

ぶどう狩り ぶどう狩り ぶどう狩り ぶどう狩り ぶどう狩り ぶどう狩り ぶどう狩り ぶどう狩り

どう生きるか、自分の人生?

普通の人と同じことをやっていたら普通の人で終わる。
(それ以下しかやらなければ、それ以下の人で終わる。)
その時は苦しく辛く、
楽してる他人(友達など)が羨ましく見え、
もう二度とチャレンジなんてしたくないと思うようなことも、
笑顔でがんばってその一歩を踏み出してしまえば、、、
普通の人が体験し得ない違った人生、世界を経験することができる。
「どう生きるか、自分の人生?」
まだまだ顔晴(がんば)ります。(^^)
押忍                               石黒康之
どう生きるか、自分の人生?

淡々と生きる

いま、
私が居る場所は浜松市

浜松市は静岡県にあり、静岡県は日本国にある。

日本国は地球にあり、地球は宇宙にある。

ということは、、、

いま私は宇宙に居る。

当たり前の事ですが、
宇宙にぽっかりと浮かんでいる地球に居る。

私は宇宙の一部であり地球の一部

ひょっとしたら、
全ては決められたシナリオ通りなのかもしれない、、、

不平、不満、愚痴、泣き言、悪口を言うことなく、
全てを無理なく受け入れ淡々と生きていこう。

押忍                        石黒康之

淡々と生きる

初心忘れるべからず

以下、致知出版社様メルマガよりシェアさせて頂きました。
*****
約600年前の室町時代に能を大成したといわれる世阿弥。

『風姿花伝』や『花鏡』などの著書を残し、
その言葉や教えはいまなお多くの人の心の糧になっています。

世阿弥の残した言葉や教えを、
明治大学学長で長年能楽のプロデューサーとして
活躍してきた土屋恵一郎さんに語っていただきました。

───────────────────

(土屋)
「初心忘るべからず」は、
一般には「はじめの志を忘れてはならない」
「初志を貫徹する」といった意味で理解されていますが、
世阿弥の言う「初心」は「初志」に限られていません。

若い時の初心、人生の時々の初心、老いて後の初心……
世阿弥は人生の中に幾つもの初心があると言っています。

例えば、若い時の初心とは24~25歳の頃を指していますが、
この頃は若くて心身ともに充実し、
周囲に素晴らしいと認められる時期でもあります。

しかし世阿弥は認められていることが人生の壁であり、
初心なのだと言うのです。
つまり、若い頃の一時的な「時分の花」をずっと続く「誠の花」だと思い、
努力しない人間は失敗する、駄目になるのだと。

そして、中年の初心を経て直面する老後の初心とは、
いまよく言われる「何歳になっても若い時の気持ちに戻って、
いつまでも元気に頑張ろう」という意味ではありません。

老いによる様々な限界にぶつかった時に、
それに応じた自分の生き方、老いの経験をどう活かし、
人生の花を咲かせていくかを考えよと言っているのです。
もちろん現在とは寿命が異なりますが、
世阿弥は40歳を過ぎたら第一線から引いて、
後継者・後進を助けなさいとも言っています。

その例として、世阿弥は……

※本記事は『致知』2019年7月号から

致知出版社様メルマガよりシェアさせて頂きました。
押忍